ヴィンテージシャネルブティック

ニナファーファー ヴィンテージ ブティックへようこそ。ヴィンテージシャネル専門店です。世界中から集めた質の高いヴィンテージを販売しています。送料無料、返品可能です。珍しいコレクターズアイテムも沢山取り揃えております。

全国発送無料です。

無料であなたのドアまでお届けします。
From The Blog
ヴィンテージシャネル マトラッセ バッグ シャネルバッグ

ヴィンテージシャネル マトラッセ 2.55 の歴史

ヴィンテージシャネル マトラッセ  2.55 の歴史 ヴィンテージシャネル マトラッセ の歴史を今日は紐解きます。日本ではシャネルの定番のシャネルバッグのことをマトラッセと呼ぶ事が多くあります。マトラッセとはフランス語で「matelasser」=(毛などを)詰める、詰めものをする、綿入れにするという意味でふっくらと、膨らんだ状態を指します。 表裏の生地を2種の糸を用いて縫い合わせて作られるもので裏糸の張力で縫い合わされた部分はへこみ、残りはふくらみ美しい凹凸模様が出来上がります。ヴィンテージシャネル マトラッセ というと自動的にシャネルの定番バッグが頭に浮かんで来る方も多いのではないでしょうか。 海外ではこの定番のマトラッセのことをCHANEL2.55(トゥーポイントファイヴファイヴ)と呼びます。なぜでしょう。それはただ単にこのバッグが発表されたのが1955年、2月だからです。それにちなんで2.55と呼ばれるようになりました。現在でもシャネルが毎シーズンごとにマトラッセを作り続けていますが、1955年の昔からずっと女性の憧れとしてシャネルのバッグが君臨しているなんてすごいですよね。 シャネルマトラッセの細かい作りにも全て意味があるのをご存知ですか。 • 内側の皮のライニング – 内側に貼られている皮のバーガンディーレッド色は、彼女が育てられた修道院の制服の色でした。 • 内側のポケット – 蓋の下にはジッパー付きのポケットが付いています。これにココシャネルはその時にお付き合いしていた愛人からのラブレターを忍ばせていました。 • バックポケット – マトラッセの背面に付いているポケットにココシャネルは現金を入れていました。 •…