Home / ヴィンテージの知識 / シャネル ブティックシールとホログラムステッカー ギャランティーカードについて

シャネル ブティックシールとホログラムステッカー ギャランティーカードについて

ヴィンテージ-シャネル-バッグ

シャネル ブティックシールとホログラムステッカー ギャランティーカードについて

ヴィンテージシャネル-バッグ-ギャランティー

ヴィンテージシャネル-バッグ-ギャランティー

シャネルのバッグや小物を買うと、購入日のスタンプが押されたゴールドのシールをシャネルブティックで貼ってもらえます。このステッカーとホログラムステッカー、ギャランティーカードの三点を合わせてどのシャネルブティックで、いつ、どのシーズンの商品が購入されたのかが管理されています。このシステムは日本のシャネルブティックのみで行われているサービスでした。2016年6月にこのブティックシールのシステムはキャンセルされたようです。ヴィンテージシャネルのバッグにはこのステッカーがないものもたくさんありますが、これはシールが剥がれてしまったということです。ギャランティーカードとホログラムステッカーのシステムは1980年中盤から始まりました。全てのシャネルのバッグ、小物にはホログラムステッカーとギャランティーカードがついてきます。が内張り交換などでリペアの証としてはシルバーシールになりその日付からCHANELの1年間の保証が付きます。

以下がブティックシールのイニシャル表です。これでどこでいつ買ったかがわかります。
【東京】
銀座 G.G
銀座並木通り G.Z
表参道 O.C
帝国ホテルプラザ I.P
池袋西武 S.I
日本橋三越 M.T
渋谷西武 S.S
新宿伊勢丹 I.S
新宿小田急 O.S
新宿高島屋 S.T
日本橋高島屋 N.T
玉川高島屋S・C T.T
【神奈川】
横浜高島屋 Y.T
横浜そごう Y.S
【千葉】
千葉そごう C.S
【名古屋】
名古屋松坂屋 M.N
JR名古屋タカシマヤ N.T
名古屋三越 M.K
【大阪】
ヒルトンプラザ H.P
心斎橋 S.B
心斎橋大丸 O.D
大阪阪急 O.H
大阪高島屋 O.T
リーガロイヤルホテル O.R(2009年11月閉店)
【神戸】
神戸大丸 K.D
【京都】
京都大丸 D.K
京都高島屋 K.T
【北海道】
札幌丸井今井 M.I
【東北】
仙台三越 S.D
【中部】
新潟伊勢丹 I.N
【中国】
岡山天満屋 S.B
広島福屋 H.F
【四国】
いよてつ高島屋 I.Y
【九州】
博多大丸 H.D
小倉井筒屋 K.I(2009年7月閉店)
熊本鶴屋 K.R(2010年2月閉店)
【沖縄】
DFSギャラリア・沖縄 O.G

 

 

ギャランティーカードとホログラムステッカーの読み方

これさえ知っていればヴィンテージシャネルのバッグがいつ頃のコレクションかがわかります。

0XXXXXX 1986 から1988 6桁 7桁の数字がシャネルのロゴが透けている台紙にプリントしてあります。左側が切れているような形になっています。透明のステッカーがその上に保護で貼ってあります。1か2で始まっている番号は初めの0が省略されています。そのために6桁のシリアルナンバーとなっています。
1XXXXXX 1989 から1991 7桁のシリアルナンバーがシャネルのロゴの透けている台紙にプリントされています。左側が切れているような形です。
2XXXXXX 1991 から1994 白い台紙にシャネルのロゴがプリントされているステッカーに7桁の番号がプリントされています。
3XXXXXX 1994 から1996 数字のフォントが変わります。7桁の番号がシャネルのロゴのプリントされた台紙に印字されています。
4XXXXXX 1996 から1997 7桁の番号がシャネルのロゴのプリントされた台紙に印字されています。
5XXXXXX 1997 から1999 7桁の数字がシャネルのロゴのプリントされた台紙に印字されています。ホログラムステッカーを剥がしても本体が傷つかないように台になる四角いパッチが施されるようになりました。

 

数年ごとにホログラムステッカーのスタイルを変えることによって次々に製造されている偽物から身を守ろうとしているシャネルの姿勢が素晴らしいです。この番号は二度と同じものはありません。バッグに一つ与えられた番号で、必ずギャランティーカードと一致しています。

 

私はバイヤーですのでこれらの情報を使ってバイイングをしています。残念ながらニセモノのシャネルのバッグにもホログラムステッカーとギャランティーカードが付属しています。しかし、このようなニセモノのホログラムステッカーとギャランティーカードの作りは大変雑で、本物と見比べるとたくさんのエラーがあります。そして、番号も複製ですので同じものがたくさんあります。もしもお手持ちのバッグの歴史をお知りになりたい場合や鑑定をご希望の方はお気軽に  [email protected] までご連絡ください。